ビタミンとはどんなものなのか?

ビタミンとは、身体の生理機能を調節する栄養素であり、生きていくためには欠かせないものです。
エネルギー源となる炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機的な微量栄養素を総称したものをビタミンと呼んでいます。
「野菜を食べなさい」「好き嫌いはしてはいけません」と子供の頃から耳にタコができるほど言われるのは、
バランスの良い食事に含まれる各種ビタミンが生命の維持のために必要なこと、それらのビタミン類が体内で作れずに食品から摂取する必要がある栄養素だからだと思います。

ビタミンは、体調の調節を行ったり、免疫力を上げたり、疲労や病気の予防、老化の予防などの効果があります。
このような作用から、美容やアンチエイジングにも大きな効果が認められており、食物を食べることだけでなく、化粧品で肌に導入したり、
加工食品やサプリメントとして摂ったりする事が有効であると報告されています。
現在明らかになっているビタミンは以下の13種類です。
・ビタミンA(脂溶性)
・ビタミンB1(水溶性)
・ビタミンB2 (水溶性)
・ビタミンB6(水溶性)
・ビタミンB12(水溶性)
・ナイアシン(水溶性)
・パントテン酸 (水溶性)
・ビオチン(水溶性)
・葉酸(水溶性)
・ビタミンC (水溶性)
・ビタミンD(脂溶性)
・ビタミンE(脂溶性)
・ビタミンK(脂溶性)

ビタミン様物質について

ビタミン様物質は、ビタミンに類似した作用を持ちますが、体内で合成ができるため、特に摂取の必要が認められないために、 ビタミンの定義からは外れた栄養素です。
ただ、近年は美容に効果があるために、サプリメントや化粧品などで注目を集めている物質もあります。
ここでは、ビタミン様物質の中でも、特に美容に効果があると思える栄養素を挙げています。

・ビタミンP(水溶性)
・コエンザイムQ10(脂溶性)
・ビタミンU(水溶性)
・イノシトール(水溶性)
・コリン(水溶性)
・リボ酸(脂溶性)

それぞれどんな働きをしているの?

  • ビタミンBとひとことに言っても、B16やB12など様々この数字って何?それぞれどんな役目があるの?ビタミンBの役割をご紹介 …

    ビタミンBってどんなもの?

  • 女性の美を語る時には、必ずと言ってもいいほど出てくるビタミンC。実際にはどんなことをしてくれているの? …

    ビタミンCってどんなもの?

  • 直接的に体を作るものではないけども、様々な機関への縁の下の力持ちビタミン! …

    その他のビタミンについて