ビタミンAの役割は?

ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンです。
ビタミンAは、上皮細胞という外部と触れている部分の代謝を活性化し、ウイルスや細菌から肌を守る力があります。
乾燥を防ぎ、つやを良くするビタミンなため、美肌には欠かせないビタミンです。
抗酸化作用もあるので、肌を老化から守ることもできます。

ビタミンAは、レチノールの事を指しています。
レチノールは食品からだとレバー、うなぎ、バター、チーズなどに多く含まれています。
また、β-カロテンは体内でレチノールに変換されます。
β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれていて、体内に入ると必要量のみレチノールに変わります。
気をつけていただきたいのは、サプリメントでの過剰摂取です。
ビタミンAに関しては脂溶性ビタミンなので、過剰に摂取すると体内に残り、肝臓に負担がかかるなどの副作用が現れます。
最悪の場合は脳にまでレチノールが入り込み、頭痛や吐き気などが起こることもあります。
特に妊娠中の過剰摂取は胎児の奇形のリスクがありますので、必要以上のビタミンAを取ることは注意が必要です。
最近は気軽にサプリを飲んでいる方が多いので、初期の妊娠に気づかない時に気づかずに摂っていたなんて事がないように、病院などで啓蒙して欲しいなと思います。
日本ではビタミンAの不足は滅多にないことなので、無理に取ろうとはせず、濃度があまり高くないレチノール配合の化粧品を使ったりして美肌を目指すのが良いでしょう。

脂溶性ビタミンとは?

脂溶性とは水には溶けにくいが、油には溶けやすいビタミンのこと。
脂肪に溶け込みやすいので、肥満体形の人は特に注意が必要です。

ビタミンAが含まれる食品

ビタミンA単品のサプリメントだと過剰摂取が心配です。ビタミンAは食事の中からバランスよく摂取することが好ましいです。
レバー … 鳥レバーは、牛豚に比べて比較的ビタミンAが多い。
うなぎ … うなぎの身にも含まれていますが、肝にも豊富に含まれています。パワーがでない!そんな時にはやっぱりうなぎです。