ビタミンBは種類がいっぱい!

ビタミンBと聞いて何を想像しますか?豚肉、ビタミン剤、たらこにマスタード。
なんだか、他の栄養素よりも含まれているものに統一感がなくまとまっていないという印象を持つ方も多いでしょう。
実は、ビタミンBと一言にいってもたくさんの種類が存在しているからなのです。
ビタミンB6とか、ビタミンB12とかたくさん種類はありますがなぜひとまとめにくくられているかというと
それぞれが協力し合ってさまざまな働きをしているのです。
会社のようなものでB会社には、6さん12さんたくさんの社員がいてそれぞれ別の仕事をしています。 会社として目指している、大きなひとつの目標をクリアするために分担して仕事をしている。そんなイメージです。

ビタミンB1とは?

ビタミンB1は、食事などで摂った糖質の代謝を補うために必要な栄養素です。
炭水化物から、エネルギーを生み出すために必要な物質です。
さらに、末梢神経や、心臓の機能などを正しく機能させるために直接関わる重要なビタミンと言われています。
美肌効果としては、血液循環が正常になることで、肌の新陳代謝が促され、ツルツルになります。
また、腸の神経が正常化されることで、整腸を促し、便秘を解消し、便秘からの肌荒れも治ります。
ビタミンB1が不足すると疲労物質である乳酸がたまり、疲れたと感じるようになります。
美肌以前に、疲れた顔からは美しさが半減し、美人とは程遠い状態になると思いますので、ビタミンB1を積極的に摂るようにしましょう。
私も疲れがたまっていると、目の下のクマが酷くなり、化粧でもなかなか隠しきれません。
ビタミンB1は、豚肉や玄米、うなぎ、牛乳などに多く含まれています。
土用の丑の日にうなぎを食べるのは、ビタミンB1不足で引きおこされる「夏バテ」に負けないように食べるものと言われています。
ビタミンB1を効果的に摂るには、にんにく、にら、ネギや玉ねぎを一緒に食べると良いです。
アリシンという物質がビタミンB1に結びついて、体への吸収がよりスムーズになります。
逆に、貝類やわらび、ぜんまいなどを生で食べるとビタミンB1が分解されてしまうので、加熱して食べるようにしましょう。

ビタミンB2とは?

ビタミンB2は人体が成長するのに欠かせない水溶性のビタミンであり、脂質、糖質などの代謝を促進する働きがあります。
脂っこい物を食べることが多い方や、ダイエットしたいと思っている方は、ビタミンB1を積極的に摂ると効果的です。
ビタミンB2が不足すると、粘膜には口内炎などや口角炎ができることが知られていますが、肌は脂質の代謝ができないためかオイリーな状態になり、
ひどい場合は脂漏性皮膚炎という湿疹も引き起こします。
肌の油分のバランスを正常にし、美肌に近づけるためにもビタミンB2は欠かせない栄養素なのです。
ビタミンB2は、牛乳、チーズ、卵、納豆、アーモンドなどに多く含まれています。
朝食に手軽に取り入れることのできる食材ばかりなので、毎日朝食に食べる事をおすすめします。
また、ビタミンB群は相互に機能して代謝を維持しているので、ビタミンB2だけでなく、色々なビタミンを一緒に摂ると、高い効果が得られます。
私は口内炎や口角炎がしょっちゅうできるため、ドラッグストアなどで売っているチョコラBBなどのサプリメントをよく飲んでいます。
色々なビタミンB群が入っているので、口内炎や美肌、疲れの解消にも効果を感じることができます。
ビタミンB2は水溶性なので、たくさん摂っても過剰摂取にはならないため、安心して飲むことができるサプリです。