ビタミンCが万能と言われるのはなぜか?

ビタミンCは、肌に良いビタミンとして良く知られているビタミンです。
ビタミンCが肌に良いと言われている理由は、メラニン色素の生成を抑止し、シミなどを予防する効果と、コラーゲンを合成する働きがあるからです。
また、これらの直接的な効果だけではなく、抗酸化作用があり、発生した活性酸素を分解する働きがあります。
肌だけでなく、体全体の酸化による老化現象を食い止める働きがあるのです。
万能のビタミンと呼ばれるのは、こういった理由があるからです。
ビタミンCは、体内では作ることのできない栄養素ですので、食品によって摂る必要があります。
柑橘類、イチゴ、キウイなどの果物や、ピーマン、トマトなどの野菜に多く含まれています。
最近は、飲料やキャンディーなどに多く使われているので、私も良く購入しています。
ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいので、フルーツならば新鮮なうちに生で食べるのがお勧めです。
野菜ならば、サラダで食べると良いでしょう。 また、ビタミンCは大量に摂っても、尿として体外に排出されてしまいますので、朝、晩などと分けて摂ると効果があります。
過剰摂取などで害が出ないことも万能と言われる所以でもあります。
しかし、裏を返せば一度に摂取しても必要以上の量であると体に判断されてしまえば流されてしまうので、 こまめに摂ることが欠かせないビタミンでもあります。
強いストレスを日々感じている方、また、タバコを吸う方は多くのビタミンCが消費されています。
サプリメントなどで意識的に摂ると良いでしょう。