成長に欠かせないビタミンD

ビタミンDは、骨の形成や発育に関連するビタミンです。
カルシウムやリンの吸収を助け、吸収されたカルシウムを骨に定着させる働きがあり、骨の成長にとっては大事なビタミンです。
また、体内のカルシウムやリンの濃度を調整して、カルシウムの働きを維持しているので、代謝にも関わるビタミンと言われています。
近年は、がんを抑制したりする効果もあると報告されています。
美容におけるビタミンDの効果は、カルシウムの体内への吸収と働きが正常に行われていることでの複合的な効果になります。
カルシウムは新陳代謝の機能をスムーズにし、ホルモンを正常に分泌させるという働きがあります。
そのため、代謝も増えて太りにくくなり、肌のターンオーバーが正常に行われることで美肌になります。
ビタミンDは、魚介類やきのこ類、卵などに含まれています。
日光に当たることで体内に合成できるビタミンなため、意識して摂る必要はないと言われています。
ただし、最近は、ビタミンD不足からの「くる病」が乳幼児を中心に報告されています。
ビタミンDの生成のための日光浴よりも、紫外線のリスクの方が広く知られてきたための弊害と言われています。
ネットやゲームで大人も子供も日光に当たらない生活が増えているので、ビタミンD不足かなと不安になったら、天気の良い日に散歩に行くなど、外出を積極的にした方が良いと思います。