エイジングケアに活躍!ビタミンE!

ビタミンEはその強い抗酸化作用から、「老化防止のビタミン」とも呼ばれ、アンチエイジングに効果の高いビタミンです。 老化は、活性酸素によって過酸化脂質が体内に作られると、細胞が変性・損傷することで起きます。 ビタミンEは、その過酸化脂質の生成を防ぐことができる栄養素なのです。 ビタミンEは、ナッツ類、アボガド、かぼちゃ、ほうれんそう、植物油などに含まれています。 食品から効率的にビタミンEを摂るには、同じく抗酸化力のあるビタミンCを一緒に摂ると効果的です。 ビタミンCは、活性酸素を分解して抗酸化力を失ったビタミンEに、さらにもう一度抗酸化力を与えることができるのです。 アンチエイジングのためにも、ぜひビタミンEとCを一緒に摂るようにしましょう。 また、ビタミンEは、化粧品などにもトフェコロールやトコトリエノールなどという名前で多くの商品に配合されています。 一度は聞いたことのある成分だと思われます。 ビタミンEは、酸化防止効果や抗炎症効果、血行促進効果があり、塗ることでも効果が発揮されるのです。 私も手作り化粧品を作る際に、腐りにくくするために配合しています。 ひとつ気をつけてほしいのは、ビタミンEの摂取によるニキビです。 これは、ビタミンEの過剰摂取により、男性ホルモンと黄体ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂が過剰になったことでできるニキビです。 サプリメントなどでビタミンEを摂る場合には、上記の化粧品などと合わせて、摂り過ぎないように気をつけましょう。